冬場でも必要ない!?赤ちゃんに靴下が必要ない理由とは

スポンサーリンク
赤ちゃんの足のサイズって何センチ? 赤ちゃんや子供のお世話

ちょっと肌寒くなって来ましたね!
寒くなると心配になってくるのが、

「赤ちゃんの足が寒そうだから、靴下履かせなきゃ!!」

ってことではないでしょうか?
大人でも寒くなったら、靴下靴下・・・と厚手のもの履きたくなります。
赤ちゃんのあの、プクプクした足を見ていると
可愛い靴下を履かせたくなります!

でもちょっと待った!

実は、赤ちゃんにはそんなに靴下って必要ありません。
冬場でも赤ちゃんに靴下が必要ない理由とは?
冬、赤ちゃんが部屋の中に居ても靴下が必要ない温度は何度?
湿度はどの位?
赤ちゃん用靴下はいつ履かせたらいいの!?
赤ちゃんに靴下を履かせないといけないのはどんな時?
をまとめてみました!

赤ちゃんの靴下って可愛い!!!

赤ちゃんの足のサイズって何センチ?

赤ちゃんの足のサイズは平均するとこんな感じ

月齢 足のサイズ
0ヶ月 7~9cm
1ヶ月~3ヶ月 8~11cm
3ヶ月~6ヶ月 9~12cm
6ヶ月~12ヶ月 10~13cm
12ヶ月~1歳半 11~13cm

あくまでも平均値なので、月齢に比べて大きい子・小さい子がいます。

赤ちゃんの洋服を見たり、靴下を見ていると
小ささに癒されませんか?
デザインも可愛いので、ついつい買っちゃっていました。

そしていつの間にかサイズアウトして、
新品のまま次男にお下がり・・・というのを繰り返していました。
長男・次男共に冬場生まれなので、
当時の私は、たくさん用意していたんです。

ただただ「赤ちゃんが寒いだろう・・・」という思いで。

でも、赤ちゃんに室内では靴下は特に必要ないんです。

寒くなっても、室内では赤ちゃんに靴下不要!?

赤ちゃんに靴下は必要ない?

基本的には、赤ちゃんには室内での靴下は必要ありません。

寒いでしょ!?と思ってしまいますが、
「部屋の温度」が赤ちゃんにとって、
快適に保たれているのなら履かせなくてもいいです。

赤ちゃんはまだまだ体温調節がうまくできません。
体温調節ができるようになるのは、1歳頃。
生まれてきたばかりの赤ちゃんには無理なんです。

寒い時って、洋服を厚手のものにして、お布団も冷えないようにかぶせ、
敷きパッドも温かい物に・・・と思って準備していませんか?

赤ちゃんは、温かすぎたり、寒すぎたりするだけで
簡単に体調を崩してしまいます。

暑さ寒さを言葉で発する事もできないし、
自分でもちろん服を脱いだり着たりして調節もできません。
お布団を自分でかぶったり、蹴り飛ばす事も難しいので、
ママが調節してあげなくてはいけません。

赤ちゃんにとって快適な室内温度は何度?

赤ちゃんの居る部屋の温度と湿度は何度?

赤ちゃんが快適と思える温度は、
夏場だと、25度~28度、
冬場だと、20度~23度

温度だけ心配していてはいけません!
温度とセットで覚えておきたいのが湿度!

湿度は40~60%

湿度が低すぎると、乾燥しすぎて喉がカラカラ!
風邪を引きやすくなってしまいますし、
逆に湿度が高すぎると、カビが生えやすくなるので
衛生面で不安になってしまいます。

湿らせたタオルを部屋に干したり、
窓を2時間に1回あけて空気の入れ替えをしましょう。

また赤ちゃんの頭の近くに、
温度計と湿度計が一緒になった物を置いておくと、
部屋によっても上と下では温度の感じ方に差ができるので
すぐにわかる事ができます。

赤ちゃんが寒がっているサインは?

赤ちゃんの靴下はいつ履かせる?

歩けるようになって靴が必要になるまでは、
秋冬の寒い外出時のときだけ、靴下を履かせておけば大丈夫です。
3足セットで売られている靴下1セットだけで十分です。
その上からおくるみで巻いてあげたり、
ベビーカーに乗るときには、
ひざ掛けを掛けてあげると温かいですよ。

部屋に居る時に、赤ちゃんの足を触って冷たくても
背中を触って温かかったら靴下は必要ありません。
背中が温かいのに、気づかずに靴下を履かせて更に温めたら
新陳代謝が活発な赤ちゃんは、どんどん汗をかいて
脱水症状を起こしてしまう可能性があります。

まず寒そうかな?と思ったら、背中を触ってみてチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました