バカにできない!赤ちゃんや幼児が蚊に刺される危険性

スポンサーリンク
赤ちゃん 虫刺され 赤ちゃんの虫除け対策

こんにちは、朔夜ママです(*’ω’*)

夏になると悩まされるのが

赤ちゃんや幼児は、特に蚊に刺されやすいんです

夏場でも手足をすっぽり覆ってしまう洋服を着せてしまうとあせもができる心配もあって、けっこう赤ちゃんって薄着でいることが多いですよね?

そんな事もあってか、足や腕を蚊に刺されていることがよくあります。

大人と違い赤ちゃんや幼児が蚊に刺されるとどんな危険性があるのでしょうか

赤ちゃんや幼児が蚊に刺される危険性

赤ちゃん 泣く

大人でも重症化、重病化することもある

だいたいの蚊の場合は、かゆくなって自然に治ることが多いですが
幼児や赤ちゃんは違います。

「蚊に刺される位で!」「蚊でしょ!?」と、バカにしていると、思わぬ症状や病気に悩まなければいけない可能性も・・・。

市販で売られている虫よけは、赤ちゃんの肌に強いのでは…と思うママにはこちらの記事がおすすめです。

夏になると虫よけと同時に肌が弱い赤ちゃんのために日焼け止めクリームも塗ってあげたい!という方もいますよね?

でも中々成分が強そうで不安という方は、1本で日焼け止めと虫よけができるアロベビー UV&アウトドアミストがおすすめです。



「たかが蚊」「されど蚊」です。

幼児や赤ちゃんが蚊に刺された場合、こんな症状に気をつけましょう!

かゆい

幼児になると、自分で痒いところを掻くことができますが、赤ちゃんはかゆみを掻くこともできません。

特に夜に刺されると、かゆくて泣くこともあり、睡眠の妨げにもなってしまいます。

赤く腫れる

特に赤ちゃんの場合は、大きく真っ赤に腫れることがあります。

赤ちゃんは、肌を触った感じがプニプニしていて肉厚に思えますが、
実は肌が大人よりも薄く、柔らかく、弱いです。

また大人の場合は、蚊に刺されてもたいていの場合は抗体が出来上がっていますが赤ちゃんや幼児の場合は、まだまだ体の中で蚊に対する抗体ができていないので炎症が起こりやすく、大きく腫れがちです。

水ぶくれ

赤ちゃんや幼児が蚊に刺されると水ぶくれになるときがあります。

ただ、蚊に刺されたときの水ぶくれにも種類があるので注意しなくてはいけません。

まず水ぶくれになる大きな原因は、蚊に刺された箇所をかきむしって水ぶくれができる場合、それと、蚊アレルギーで水ぶくれになる場合があります

特に蚊アレルギーの場合は、蚊の唾液によって反応するので、蚊に刺されるといつも水ぶくれが起きるという子供は、蚊アレルギーを持っているのかもしれません。

小児科でアレルギー検査ができるので、心配な方は調べてみてはどうでしょうか?

とびひ

蚊に刺された後に水ぶくれになり、その水ぶくれを更に潰してしまうと水ぶくれに含まれる菌が他の皮膚についたり、菌が付いた手で他の皮膚を触ってしまうことでとびひが広がってしまうことがあります。

早い段階で小児科に行くと、虫刺され用の薬を処方してもらえるので、早めに治療しましょう。

また、この他にも蚊を通してジカ熱やデング熱、日本脳炎などの怖い病気にも繋がることがあります。

発熱を伴う場合や吐き気がある場合などは、早めに病院へ行きましょう

 

まとめ

さて、今回は赤ちゃんや幼児が蚊に刺される危険性についてご紹介しました。

もし蚊や虫の多い時期に、赤ちゃんや幼児との外出に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました