赤ちゃんと飛行機で旅行が決まったらバシネット付きの座席を予約しよう!

スポンサーリンク
赤ちゃんとのお出かけ

赤ちゃん連れの場合は、基本的には大人のひざの上となっていますが
実は飛行機の中には限られた数ですが、ベビーベッドが付いた席
存在します。

長いフライト時間なら、ベビーベッドで眠ってくれたら大人はかなり大助かりですよね!

今回は、飛行機の中にある簡易ベビーベッド付きシートバシネットについてや注意点、予約についてご紹介します。

飛行機の中にもベビーベッドがある!?

かなり席数は限られてきますが、飛行機の中には、ベビーベッドが設置してある座席があります。

だいたいモニター付近の一番前の席がその席です。

このベビーベッドをバシネットと言います。

壁に取り付けるようにできていて、高さは2段調節できるものが多いです。

一番下の段に取り付けると、テーブルよりもやや高めの高さ。

上の段に取り付けると、立ち上がった時にちょうどいい高さになります。

ベルト着用サインが点灯しているときは、立ち上がることができないので、下の段に設置していた方が安全。

子供が泣き出してしまっても、点灯している時は立ち上がれませんからね・・・。

バシネットには制限がある!

予約席

バシネットには、使える子供の制限があるので注意しておきましょう。

ANAは年齢の制限は特に記載されていませんが、JAL(国際線)には、はっきりと「2才未満の赤ちゃんが対象」と書かれています。

また体重は10kg未満

ちなみに、このバシネットは事前予約必須!

座席数もかなり少ないので、繁忙期は激戦間違いなしです。

旅行や帰省する日にちが早く決まった場合は、すぐに座席の確保をしておきましょう。

リンク格安航空券サイト一覧はこちら

まとめ

さて、今回は飛行機の子連れ旅行は、バシネット付きの座席を予約!についてご紹介しました。

もし赤ちゃん連れでの飛行機の旅について悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます

コメント