出産して終わりじゃない!?葉酸サプリはいつまで飲み続ける?

考える女性 母乳不足改善

妊活中や妊娠中に「葉酸」が大事な栄養素という事は、多くの人が知っています。

ただ、出産したからもう飲まなくてもいいよね♪

と思っていませんか?

葉酸は産後の授乳期もママの体の回復の為や母乳の為、赤ちゃんの成長のためにも大切な役割があるので飲み続けたほうがいい栄養素です。

じゃあ一体いつまで葉酸は、摂り続けた方がいいの?

と疑問に思う人もいると思います。

今回は、葉酸はいつまでサプリメントなどで摂り続けたらいいのか?
という事についてまとめてみました。


妊活中、妊娠中の女性は積極的に摂った方がいい葉酸

妊婦

葉酸は、ビタミンBの一種で「造血のビタミン」とも呼ばれ、新しい赤血球を作り出す働きがあります。

細胞を作るためには欠かせない栄養素なので、妊活中や妊娠初期には特に意識して摂った方がいいといわれています。

また妊娠する4週前~妊娠12週の間に葉酸を十分に摂っていると、二分脊椎・無脳症など神経管閉鎖障害を防ぐ効果があります。

ただし、この期間の間に葉酸を十分に摂っていなくてもこれらの症状が必ず出るというわけではありません。

あくまでも「予防」という事で意識的に取る人が多いです。

葉酸が多く含まれている食材

ほうれん草には葉酸がたっぷり

妊娠中には1日当たり400μg~440μgの葉酸量の摂取が望ましいです。

葉酸が多く含まれている食材

・ほうれん草
・モロヘイヤ
・ブロッコリー
・かぼちゃ
・アスパラガス
・枝豆
・アボカド
・レバー
・キウイ
・グレープフルーツ
・いちご

ほうれん草だと100gあたりの葉酸量は110μg程

なので目標量には遠くおよびません。

これを毎日続けるというのは中々難しいものですよね。

実は産後の授乳中も葉酸は重要

授乳

妊活中、妊娠中は葉酸をたくさん摂っていたほうがいいというのは有名な話なので積極的に摂っている・摂っていたというママも多いと思います。

でも、実は産後の授乳期も葉酸は大事です。

出産して葉酸を飲まなくなった!という事に当てはまっていませんか?

どうして産後の授乳期も葉酸が大事なのかというと、

・質のいい母乳を出すため
・赤ちゃんの成長のため
・産後のママの体の回復のため
・ホルモンバランスを整える

という役割があります。

産後も葉酸が重要な理由はこちらで詳しくまとめています♪

じゃあ、葉酸はいつまで飲み続けたらいいの?

考える女性

妊活中も妊娠中も産後も葉酸は大事なのか!という事がこれでわかったと思いますが、

じゃあ、一体いつまで葉酸は摂り続けたらいいの!?

と思いますよね?

産後の葉酸必要量は1日あたり280μg~340μg

その内、厚生労働省がサプリメントで補うと良いと推奨している量は80μg~100μg

ほうれん草を例に取ると100gを毎日摂り続けるという計算になります。

葉酸は、火に弱く、水に溶け出しやすい性質を持っているので、調理をするにしても本当に葉酸が取れているのかわからない状態になると思います。

葉酸を積極的に摂り続けた方がいい期間は「卒乳する頃まで」

また卒乳した後に妊娠する予定がある、卒乳する理由が妊娠しているからという事なら引き続き葉酸を摂り続けた方がいいでしょう。

面倒な計算や摂れているのかな?と不安に思う気持ちを解消するのがサプリメントで補うという方法。

子育てや家事で忙しい時でも水でサッと飲むだけで、産後も手軽に葉酸を続ける事ができます。



【ベルタ葉酸サプリ】は、1粒で100μgの葉酸を取ることができるので、産後は1日に1粒飲むだけで大丈夫です。

葉酸サプリですが、美容成分も入っているのは【ベルタ葉酸サプリ】だけ♪

まとめ

さて、今回は葉酸サプリはいつまで飲み続ける?についてご紹介しました。

意外と葉酸サプリは妊娠中のみ!と思っている人は多いようです。

葉酸サプリをいつまで飲むのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました