赤ちゃんや低年齢の子供連れで、宿泊する部屋は和室?洋室?

スポンサーリンク
宿の部屋は和室?洋室? 赤ちゃんとのお出かけ

赤ちゃんや低年齢の幼児を連れての旅行で悩むのが部屋のタイプ。

国内旅行では、部屋のタイプが和室と洋室がありますよね?

畳があった方がいい?それともベッドのほうがいい?

事前に選べるのなら、赤ちゃんや幼児を連れての旅行では、どちらの部屋のタイプの方が楽に泊まれるのでしょうか?

泊まる部屋のタイプは、子供の行動範囲で決めよう

宿の部屋は和室?洋室?

国内旅行なら、部屋のタイプが和室と洋室で選べますよね。

どっちがいいだろう・・・と考えてしまう人は、

「子供がどんな行動をするのか」

で選んでみてはどうでしょうか?

旅館やホテルの部屋が和室のメリット・デメリット

和室は、畳の部屋で、お布団を敷いて寝ます。

和室の場合は、ベッドから落ちるという心配もないし、ハイハイをする赤ちゃんだったら、畳なら衛生面も、カーペットよりも安心ですよね。

ただ、歩けるような子供だと、和室にある障子やふすま、花瓶や掛け軸を破ってしまう可能性があります。

当然壊してしまったものには、弁償しなくてはいけない可能性がでてきます。

和室の部屋は、まだまだ歩けない赤ちゃんと一緒に泊まるのをオススメします。

旅館やホテルの部屋が洋室のメリット・デメリット

洋室の場合は、ベッドから落ちるかも・・・と心配になったらガードをフロントに言えば貸してくれることもあります。

心配なら、事前に連絡してみましょう。

洋室の部屋には、床にカーペットが敷いてあります。

和室と違いそのまま靴で部屋の中を移動するので、ハイハイするような赤ちゃん連れではちょっと衛生面で心配かな?と思います。

また洋室は、和室と比べて貴重品が置いてあることが少ないので、洋室は、歩けるようになった子供連れにおすすめです。

洋室のみのホテルの場合は、キッズルームがあるホテルもあります。

部屋も可愛いインテリアで囲まれているので、子供が退屈しなくてすみますよ。

リンク旅行予約に役立つサイトを一覧にしてみました!

まとめ

さて、今回は和室?洋室?子供連れ旅行で、泊まる部屋はどっちがいい?についてご紹介しました。

もしホテルや旅館を予約するときに、和室がいいのか洋室がいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます

コメント