骨盤底筋が弱くなるのは何故?簡単!骨盤底筋運動のやり方

スポンサーリンク
骨盤のゆがみのデメリット 産後ダイエット

産後に

「なんだかお尻が大きくなった気がする」

「出産前よりも明らかに体型が変わった」

と感じた人!

もしかして骨盤底筋が弱っているのかもしれません。

今回は、骨盤底筋が出産によって弱ってしまう原因、引き締めるための簡単エクササイズをご紹介します。

骨盤底筋とはどこにある?

骨盤底筋運動のやり方

骨盤底筋」聞きなれないけどどこにあるものなんでしょうか?

骨盤低筋と間違う人もいますが、「」が正しいです。

骨盤底筋群がある場所は、骨盤の底にあって、内臓や子宮、膀胱などを支えている筋肉です。

産後、骨盤底筋が弱くなってしまうワケ

出産するときに、赤ちゃんが通っていきやすい為に、骨盤底筋も大きな影響を受け弱くなってしまいます。

普通分娩は、膣から赤ちゃんが生まれるので、損傷の程度は大きいとされています。

また長くいきむことで、筋肉疲労が起きて骨盤底筋がゆるんでしまいやすいです。

じゃあ、帝王切開の人は大丈夫?と思ってしまいますが、

帝王切開で出産する人も、骨盤底筋が弱くならないというわけではないんですよ。

と、いうのも臨月の頃には、帝王切開で出産する人も、普通分娩で出産する人も「大きなお腹を抱えていた」という条件は同じです。

骨盤底筋が弱まると体型にも変化が!?

出産した事がある経産婦さんが感じる事は、

「出産前よりも体型が変わった」

「お尻が大きくなった」

っという事。

骨盤底筋が弱くなると、お尻の形が台形の形になるという特徴があります。

またお尻の形のほかにも、内臓が下がる、骨盤が広がりやすくなる、尿漏れが起きやすくなったというデメリットも。

リンク私が!?産後の尿漏れが起きる原因

産後、骨盤底筋を鍛える運動をする事が、産後骨盤ダイエット成功のポイントとなります。

じゃあ、いつから骨盤底筋を鍛える運動を始めたらいい?

そんなにデメリットがあるんなら早く鍛えなくっちゃ!焦ってしまうのは要注意です。

骨盤底筋は、実は自然と回復していくものですが、回復のスピードが遅いんです。

焦って体調が悪いのに無理をしてしまうと、逆に体の回復の妨げとなってしまいます。

なので、軽いトレーニングや体操を続けていき、

「回復の手助けをする」

というのを、骨盤底筋トレーニングをする時に考えておかなくてはいけません。

だいたい会陰の痛みがなくなって、産後一ヶ月(産褥期)くらいから取り入れていきましょう。

また、

・体に痛みがある

・体調が悪い

・産院の許可が下りていない

等がある場合は、骨盤底筋トレーニングをせずに安静にしましょう。

毎日続ける事が大事!骨盤底筋トレーニングのやり方

骨盤底筋運動は、最初は軽いものから行い、徐々に時間を長くしたりしてゆっくり行いましょう。

 最初は力を入れて、抜く運動

1.仰向けに寝て、手はおなかの上に。

2.膀胱、肛門を締める様に力を入れて5秒静止。

3.ゆっくり力を抜く。1~3を5回ほど繰り返す。

 慣れてきたら、腰を浮かせる運動

1.仰向けに寝て、手はおなかの上に。

2.膀胱、肛門を締める様に力を入れて、腰を持ち上げた状態で5秒静止。

3.ゆっくり腰を下ろし元の姿勢に戻す。10回程度繰り返す

 慣れてきたら、立ち姿勢で骨盤底筋運動

1.足を肩幅に広げて立ち、膀胱、肛門を締める様に力を入れて立つ

2.その状態で、つま先立ちで5秒静止。

3.ゆっくり元の姿勢に戻す。10回程度繰り返す

 

お腹周りと骨盤のみ!をすっきり見せたいという人は、骨盤ショーツがおすすめです。

着圧インナーはもちろんこれだけしてたら痩せる!というものではありません。

今回紹介した骨盤底筋運動を骨盤ショーツを履いた状態で続ける事で、結果として骨盤を正しい位置に戻すサポートをすることができます。

リフォームインナーは続ける事が大事なので、季節に合わせて切り替えてみましょう。

産後、骨盤ショーツはいつから履ける?おすすめ6選まとめ

 

まとめ

さて、今回は骨盤底筋が弱る原因は?産後すぐできる簡単エクササイズについてご紹介しました。

もし産後の体型が戻らない、尿漏れなどトラブルがあるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました