母乳育児は痩せやすい?体重が減らない原因は?

スポンサーリンク
授乳 産後ダイエット

母乳を飲ませていると痩せる!

という言葉を聞いたことがありませんか?

実際に母乳をあげているだけで、どんどん痩せていったというママも周りにいると思います。

でも…母乳をあげているのに全然痩せなーーーーい!

というママってけっこういるんですよね。

あれ?母乳をあげていると痩せるんじゃなかった?どうして痩せないの?と焦っているあなた!

母乳をあげているのに痩せない理由や母乳育児での消費カロリーについてまとめてみました。

母乳を飲ませると痩せやすいと言われるメカニズム

授乳

よく聞くのが

「母乳を飲ませていたら自然と体重が減った」

という言葉。

母乳はミルクと違って、消化吸収がいいので赤ちゃんはすぐにお腹が空いてしまいます。

そうすると、自然と授乳回数が上がり、さらに母乳が作られるようになります。

どんどん作られるという事は、ドンドン消費カロリーが上がっていくので痩せやすくなるというわけです。

授乳中だけど痩せたい!というのは、切実な願い・・・

でもやっぱりコレには個人差がある・・・

悲しいことに私の場合は、母乳の出がマッサージをしても悪かったので、母乳を授乳させながら、足りない分を粉ミルクで補うという混合育児をしていましたが、

「母乳を飲ませていたら痩せやすくなった」

には全く当てはまりませんでした(TωT)全然痩せない~

母乳育児の消費カロリーはどのくらい?

私が産院で助産師さんに言われたのが

「母乳育児をしていると、大体一日に500kcal位消費するんだよ」

と言われました。

500kcalというと軽く一食分程度。

けっこうエネルギーを使っていますよね。

私の場合、混合だったにも関わらず、この言葉を鵜呑みにしてたくさん食べた結果、消費カロリーをオーバーしてカロリー摂取していたのでダイエット失敗しちゃったんですよね・・・きっと。

500kcalってけっこうたくさんあると言えども、すぐオーバーしちゃうものです。

オーバーしていることに気がつかず食べていたんじゃ元に戻らないはずですよね。(反省・・・)

母乳育児をしているのに痩せない!という人の落とし穴

母乳育児をしているのに痩せないぞ!

聞いていたことと全然違う!

と思う人はけっこういますよね。

私もその一人です。

どうして消費カロリーは通常よりも上がっているはずなのに痩せにくい、痩せないのでしょうか。

母乳育児でダイエットを成功させるコツとは何なのか?

そのためには、ダイエットが失敗に終わる原因を追究しなければいけません。

考えられる原因は4

母乳育児は痩せる!という言葉を信じて、モリモリ食べている

当然ながら、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと体重は減りませんよね?

母乳をあげているから!と食べ過ぎていませんか?

たしかに母乳育児だとお腹が減りやすいんですが、

なんかお腹が空いた!小腹が空いたから!口寂しい!

と、感じて何かつまんでいては、摂取カロリーは高くなるばかりです。

バランスよい食事をする事は、もちろん大事なことですが、お腹が空いていないのに食べていたりしていませんか?

妊娠中や出産後に筋肉の量が減ってしまった

妊娠中は、ハードな運動は危険なのでセーブしなければいけませんよね?

またお腹が大きくなると、動くのも一苦労。ついつい楽な方向へ・・・

そして出産後も、産褥期はとにかく安静第一なので、元々あった筋肉の量はどんどん減っていきます。

筋肉は、カロリーを燃やす上でとっても大事です。

筋肉を動かし燃やすことで、基礎代謝が上がり痩せやすい体は出来上がっていきます。

でも、どんどん筋肉量が減っていくことで、基礎代謝が減ってしまい痩せにくい体になってしまいます。

代謝が減ってしまうと、脂肪が燃焼されず、腰周りなどに無駄なお肉がどんどん付いてしまいますよ・・・

2人目、3人目のお母さんの場合、最初の出産の時よりも年齢を重ねているはずです。

そうなると、基礎代謝も最初の子供を出産した時よりも落ちているはず。

年齢を重ねてからの出産は、特に基礎代謝が減っているという事を頭に入れて

産後ダイエットに取り組んでいかなければいけません。

出産後、骨盤が歪んだままになっている

出産後は、骨盤が大きく開いてしまいます。

産褥期に安静にしていることで、自然に骨盤は閉じていきますが、このときに正しい位置に戻らず歪んだ状態で元に戻ってしまうと骨盤周りの血流の流れがうまくいかず血行不良に・・・。

血行不良になってしまうと、脂肪燃焼がうまくいかず痩せにくい体に・・・。

骨盤ベルトやガードルなど出産後からつけたり、軽い骨盤のゆがみを改善するエクササイズなどを取り入れてみましょう。

母乳がそこまでたくさん出ていない

母乳は出ているけど完母じゃない

と、いう私のようなお母さんの場合は、もちろん完母育児の人よりも母乳での消費カロリーに違いがあります。

そんな人が、完母の人と同じくらいの摂取カロリーでは当然太りやすくなってしまいます。

母乳マッサージを続けつつ、和食中心でカロリーが低い食事や噛み応えのものをメニューに入れるように心がけてみてください。

まとめ

さて、今回は母乳育児は痩せやすいって本当?についてご紹介しました。

もし母乳育児をしているのになかなか痩せないなぁと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメント