すきま時間に「おうちでドック」で簡単セルフ健康チェック

スポンサーリンク
おうちでドックのキット内容 産後ママの体

専業主婦だったり、小さい子供がいてなかなか病院で健康診断ができない、時間がない!

というママにおすすめなのが、おうちにいながら自分で健康チェックができるというキットです。

今回は、「おうちでドック」がどんなものなのかをご紹介します。

専業主婦はなかなか健康チェックできない

専業主婦って健康診断がなかなか受けられない

お仕事をしていたり、旦那さんの会社で奥さんも一緒に健康診断ができるという人は自分の健康についてある程度チェックができると思います。

ただ専業主婦だったり、小さい子供がいる人はなかなか病院へ行って健康診断やがん検診をする機会がないものです。

朔夜ママは先日、市の健康診断があって血液検査をやってきました!

少々コレステロール値が高めだったんですけどね…

でもけっこう時間が掛かったんです。

お子さん連れで来ている人もいたけど、やっぱり子供が飽きちゃって泣いてしまったり…

子どもの事が気がかりで自分の為になかなか健康チェックってできないんですよね。

そんな人におすすめなのが、「おうちでドック」というがんや糖尿病などの生活習慣病のリスクチェックキット。

必要なキットが自宅に届いて、また送るだけ。

これなら自宅にいながら、自分の手の空いている時間に短時間で人間ドック並みの検査を自分でチェックすることができます

おうちでドックって何?どんなもの?

おうちでドックの特徴、どんな人に向いているの?

おうちでドックは、家で空いている時間に短時間でできるがんや糖尿病などの生活習慣病のリスクチェックキット

健康診断、がん検査、人間ドックではできない・めんどうな検査を家でできるので、専業主婦や自営業の人におすすめです。

数滴程度の血液と尿を郵送するだけで、胃がん・肺がん・乳がん・子宮がんなどのがんや、糖尿病などの生活習慣病、女性なら18種類の疾病リスクがわかります。

キットの内容は、

おうちでドックのキット内容

がん用と生活習慣病で血液が採取できるセットに、これとは別に採尿できるケースがセットになっています。

血液検査…と思うとドキドキしますが、指先に自動針を刺して数滴程度血液を取るだけ。

所要時間は10分程度。

尿検査は3分程度で終わります。

あとは採取した血液と尿、使ったキットを返送するだけ。

約2週間後に診断表が届きます。

おうちでドック診断表

もしも検査手順を失敗してしまっても、無料でキットを再送してくれますよ。

がんは早期発見が重要

国立がん研究センターの統計によると、「2年以内に受診した」という人はの割合は52.6%。

けっこう低い…。

子宮がんや乳がん検査受けてますか??

朔夜ママは1年半~2年の間隔でどちらも受診しています。

受診しない人の主な理由としては、「時間がない」「自分の健康に自信がある」というのが多かったですが、今や3人に1人ががんにかかるとされています。

がんは早期発見が重要です。

がんの5年生存率はステージⅠで発見・対策できれば生存率は9割超え。
がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計

若い世代では安心!というわけではないし、特に子供が小さい内には自分の健康チェックは大切です。

おうちでドックの費用は?

主に健康診断は、無料で受けれたり数千円の費用が発生します。

がん検診は、項目にもよりますがこれも無料から数万円。

人間ドックは、5~10万円ほどの費用がかかります。

時間も半日から泊りがけとけっこう時間がかかるので、検査を受ける人が少ないのではないでしょうか?

おうちでドックのキットの価格は、19,800円

夫婦で調べたい場合は35,640円。

病院で検査するのは時間も取られるし、コロナが流行っている今、なかなか病院へは行きにくいですよね。

おうちでドックなら、自分の空いた時間にだれにも会わずに家で簡単にできます。

リンクおうちでドック(女性用)のご購入はこちら

リンクおうちでドック(男性用)のご購入はこちら

リンクおうちでドック(おトクなご家族セット)のご購入はこちら

意外と安いので検査結果って信頼できるものなの?

と思うかもしれませんが、特許も取得されています

ただ何事も100%ではないのでこれで大丈夫だ!と安心せずに、何か不調や気がかりがある場合は、キットで安心な結果が出てもきちんと検査した方がいいですね。

もしもキットの検査結果でなんらかのリスクがあった場合は、医師から結果を個別に電話で聞くことができます。

↓気になる方はこちらからチェック↓

まとめ

さて、今回は「おうちドック」でセルフ健康チェックについてご紹介しました。

もし小さいお子さんがいて、病院で健康診断ができない…でも自分の健康チェックに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメント